サステナビリティ

これからの持続可能な社会を支える一員として、私たちにできること

ピンクリボン活動

千趣会は、女性の健康を守りたいという想いから、2007年より乳がん啓発活動であるピンクリボン活動に取り組んでいます。
これまで、乳がん検診クーポンの配布や、セルフチェックの促進動画の制作、支援団体への寄付など、延べ五千万円以上を基金から活用をさせていただきました。これからも、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療で女性の健康が守られるよう、お客様と共に、より一層の取り組みを進めてまいります。

基金の使途報告はこちら

検診とセルフチェックで
早期発見につなげよう

乳がんは、早期に発見し治療すれば、9割の方が治癒するとされています。
千趣会では日本対がん協会の協力のもと、実際に乳がん検診に足を運び、早期発見につなげていただけるよう、乳がん検診クーポンプレゼント企画(不定期掲載)を行っています。また、検診と合わせて、自分自身で乳がんの可能性に気が付くことのできるセルフチェックの普及にも力を注いでいます。専門機関の監修の元、家族や友人にも共有しやすいようにデザイン面でも配慮して制作したイラストや動画を掲載しています。

むねハムの乳がん“かんたん”セルフチェック

約2分の動画でセルフチェックにトライ!
初めての乳がんセルフチェックにトライする人にぴったり! 女性の健康を日々考える、なにわのおせっかいハムスター「むねハム」がセルフチェックを熱血ガイドします。

ひまわりの種を入れるとふくらむほっぺがチャームポイントの「むねハム」。そのほっぺを胸に見立てて、セルフチェックを解説します。
気軽に始められる、ビジュアル面でも家族や友人にもシェアしやすいと評判を呼び、全国各地の病院や乳腺科主催のピンクリボン活動で、動画が活用されています。

※クリックすると音が流れます

主にお客様の募金から成り立つピンクリボン基金を活用して制作されました。
動画監修:認定NPO法人 乳房健康研究会
※病院・団体・企業等で動画を利用希望される場合は、
 pr@senshukai.co.jp へご一報ください

乳がん“しっかり”セルフチェック

月に一度の習慣に 簡単3ステップで自己検診

乳がんは自分で発見することができる数少ないがんで、小さなしこりで気づくことも少なくありません。 月に1度は、セルフチェックを行いましょう!
「毎月8日はおっぱいの日」と決めて、まずはセルフチェックを習慣づけるのもよいでしょう。慣れてきたら、毎月、生理開始の1周間後ぐらいに行うと胸がはらないのでおすすめです。 また閉経した人は毎月日にちを決めて行いましょう。

やってみよう!しっかりセルフチェック

活動報告

10月はピンクリボン月間!社内外にアピール

千趣会のCSR活動の中でも、特に力をいれて活動を継続している「ピンクリボン活動」。乳がんの啓発につながるよう、ピンクリボン月間である10月は、以下のような活動を行っています。
1.社外向けにコーポレートサイトTOP部分に、啓発バナーを掲載中です。
2.従業員に「ピンクリボン大使になろう」と呼びかけを行いました。社内外のオンラインミーティング時に使用する「千趣会ピンクリボン月間壁紙」を作成・配布し、身近な方への啓発につなげる活動をしています。

pagetop