CSR(社会的責任)

お客様をはじめ、社会に感謝し、 私たちにできることを日々積み重ねてまいります。

災害支援

千趣会は国内外で災害発生時には
緊急支援および
復興支援の活動を行います。

緊急災害対応アライアンスSEMA(シーマ)に加入しています

緊急災害対応アライアンスSEMA(シーマ)

緊急災害対応アライアンスSEMA(シーマ)とは、大規模自然災害発生時に災害支援を実施している日本国内の民間企業47社とNPO6団体(2018年11月現在)が連携しており、千趣会はその1企業として2018年9月より参加しています。SEMAは、平時から加盟企業や団体が持つ物資・サービスなどをリストとして集約。大規模な自然災害の発生時には、このリストをもとに各社が提供できる物資を迅速に被災地に届けます。

災害が起きたとき、提携しているNPO(6団体)が現地に行き、必要な物資を連絡、
それを共有することでSEMA加盟の各社が出せる支援物資を提供するというものです。
ベビー・子供用の下着、衣料などは災害時にニーズが高い一方で、赤ちゃんや小さい子がいるご家族は子どもの泣き声などで周囲に迷惑をかけるのを躊躇し、避難所にはいかず、危険な自宅や車の中など避難所以外で生活される方も多いため、必要物資の情報が届けられないケースがあるとのこと。
現地にいるNPOからの必要な物資と場所を連携してもらうことで支援物資のミスマッチも防ぎます。

※SEMA: Social Emergency Management Allianceの略

SEMA(シーマ)

千趣会の災害支援活動について

おすすめコンテンツ

pagetop