TOP > 株主・投資家情報 > ディスクロージャー・ポリシー

IR基本方針

  • 印刷する

1.IR活動の目的と基本姿勢

当社は、株主・投資家をはじめとする全てのステークホルダーの皆様との信頼関係を構築し当社の価値を正当に評価していただくことをIR活動の目的としております。そのため当社の実態を正確に認識・判断できるよう情報を公平かつ適時・正確に提供することを基本姿勢としております。

2.ディスクロージャーの基準

当社では、金融商品取引法および当社が株式を上場している証券取引所が定める適時開示規則に沿ってディスクロージャーを行なっております。投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合、また、適時開示規則に該当しない情報についても、当社を理解して頂くために有効と思われる情報は、公平かつ適時・正確に開示する方針であります。

3.開示方法

当社は、上記情報開示基準に基づき、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)に登録し公開しております。TDnet登録後すみやかに報道機関に同一情報を提供すると共に、情報公開の即時性、公平性に配慮し当社ウェブサイト上にも遅滞なく同一資料を掲載いたします。
また、PDFファイル変換やその他準備の都合上、当該情報のウェブサイトへの掲載が遅れることもあります。適時開示規則に該当しない情報については、金融商品取引法等の各法令を踏まえて、適切な方法により正確かつ公正に当該情報を全てのステークホルダーに伝える方針であります。
なお、情報の正確性については細心の注意を払っておりますが、それらの保証、または責任を負うものではありませんのでご了承下さい。
重要事実につきましては、有価証券報告書やEDINET(金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)等、さらに証券取引所の規則に基づく他の開示も併せてご覧いただくことをお勧めいたします。

4.業績予想および将来の予想について

当社は、証券取引所に提出する業績予想以外にも、決算説明会など様々なIR活動を通して中期経営計画、経営戦略等、将来の予想に関する情報を提供いたします。業績予想および将来の予想につきましては、できる限り予測精度を高めることに努力することに加え、見通しの変化が生じる場合には速やかに開示いたします。しかしながら、これらの情報に関しましては、その時点で入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後、様々な要因によって予想と異なる可能性があります。

5.沈黙期間について

当社は、発表前の決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算日(中間,四半期を含む) の3週間前から決算発表日までの期間を「沈黙期間」に設定しております。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく変化する見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜発表することとしております。決算発表日等は、当社HPの「株主・投資家情報」ページの「IRカレンダー」をご参照下さい。

6.免責事項

本ウェブサイトは、当社の業務内容、経営方針、経営計画、財務状況等をご理解いただくための情報提供のみを目的としており、投資勧誘を目的とするものではありません。
またこの情報に基づいて被ったいかなる損失や損害に対しても、当社は一切責任を負うものではありません。投資に関する判断はご自身の判断に基づき、ご自身の責任において行なわれますようにお願い申し上げます。

参考:適時開示体制の概要