雑貨バイヤー HIROYUKI

雑貨バイヤー:つくって、検証して、閃いて。商品開発は新しい挑戦の繰り返し。

Person01 HISANORI

フットサルやフェスなど、休日も同僚たちと絆を深める。
ビジネス関連の講演やイベントに参加することも。

2011年キャリア採用入社

01.千趣会の仕事は、やればやるほど面白みが見つかる。

当社のインテリアカタログに掲載する、雑貨関連の商品開発バイヤーを担当しています。企画し、開発し、販売し、効果検証を行う、(たまに?)閃く。
商品開発は前職の会社でも行っておりましたが、現在は千趣会に転職し、本当に恵まれていると思います。何より規模が大きく影響力があること、仲間が多いことが素晴らしいと感じます。若手バイヤーも多く、楽しく仕事に従事できています。
また当社は行動に制限はなく、挑戦も果敢にできます。同じチームメンバーのバイヤーは、海外展示会で発見したユニークな商品を、日本先行販売として海外からバイイングすることもしています。私自身、現在進行中の企画としては、ある著名なデザイン会社と連携し、カタログ見開きのページ企画を仕掛けて、自分自身がワクワクしているところです。
また社内の連携システムや業務フローなど、仕事環境や仕組みにおいても提言・発案ができます。やればやるほど面白いと言える仕事ですかね。

02.歴史、つながり、資本力など、千趣会ならではの強みを武器に。

歴史、ノウハウ、資本力、つながり、があるところでしょうか。数ある小売業者(通信販売業に限らず)の中でも、お客様との関係が親密であると私は思います。
当社のお客様参加型コミュニティサイトで、家事×アイドル「カジドル」として日々、ご協力いただいているお客様や、ベルメゾンネットのアンケートでも1日でも1000件以上ご回答をくださったり。
商品を企画していると、プロダクトアウトになりがちですが、当社はマーケットイン手法の情報やネタがゴロゴロあるという印象です。反応がすぐわかって面白いですね。商品が自分の代わりに売場でご意見をいただいています。お客様もみなさん本当に素敵な方が多く、日々感謝でいっぱいです。

03.生活に携わる「モノ」たちを自分なりの視点で再構築。

私は商品開発、ものづくりがしたくて転職を決意しました。世の中にある生活に関わる「モノ」を、使いやすさ、プロダクトデザインなど、自分の観点で少しでも多く開発をしていきたいですね。
「商売」の観点は前職でチカラをつけさせていただけたと思っています。今は1つ1つそれぞれの製造方法や、どんな特徴の素材でできているのか、どういった工程が製造に難しいのかなどを見極め、小さな工夫、新しい工夫で、機能を加えたり、逆にそぎ落として価値を高めたり、商品開発のプロフェッショナルを目指したいですね。

雑貨バイヤー HIROYUKI 雑貨バイヤー HIROYUKI 雑貨バイヤー HIROYUKI 雑貨バイヤー HIROYUKI
  • Person01 雑貨バイヤー HIROYUKI
  • Person02 マーケティングスタッフ KENJI
  • Person03 ファッションバイヤー TEPPEI
  • Person04 ファッションバイヤー RIE

このページのトップへ