TOP > 事業内容 > 通信販売事業

最終更新日:2017年2月2日

通信販売事業

事業概要

通信販売事業は当社の基幹ビジネスである総合通販ベルメゾンをはじめとし、花の通販のイイハナ、ファッションブランド通販のモバコレ等を含めて当社の売上の82.6 %を構成する主たる事業となっています。

ベルメゾンネット

イイハナ・ドットコム

モバコレ

マンスリークラブネット

過去3年間の売上推移

過去3年間の売上推移

参考データ(カタログ事業のみの数値)
  • カタログ発行部数
  • ベルメゾン年間購入者数
  • インターネット売上高

2016年のカタログ部数は発刊カタログもあり増えましたが総ページ数は減っています。
ネットの受注比率は80.2%です。

通信販売業界の市場動向

日本における通信販売の状況

通信販売業界の市場動向

2015年度の通信販売の売上高は、前年比 5.9%増の6兆5,100億円とな り、金額ベースでは前年に比べ3,600億円の増加となりました。マイナス成長を記録した 1998 年度以来、17年連続して増加傾向が続き、直近10年の平均成長率は6.9%となっています。
市場の拡大要因として、1.楽天、アマゾン、スタートトゥディ等、プラットフォー ム系企業が市場参入・拡大の牽引役となっていること、2.店舗系ネット通販、BtoB 系 通販の躍進、3.マーケティングツールからフルフィルメントサービスまで、周辺企業 による通販支援サービスの充実等が挙げられます。

消費者向けの電子商取引の市場予想

消費者向けの電子商取引の市場予想

野村総合研究所によると、国内B2CEC(企業と消費者間の電子商取引)市場は、2015年度の15.4兆円から2022年度には倍増し、26 兆円に達する見込み。
携帯端末の普及に伴い、自宅のパソコンからだけではなく、時間や場所を問わずに ECを利用できるようになってきたことが市場の成長を後押ししています。

通信販売事業の今後の戦略

こちらで詳しく説明しています。

継続重点施策と新規取組み

TV、雑誌などに掲載されました! ベルメゾンアイテム TV、雑誌掲載情報