CSR(社会的責任)

お客様をはじめ、社会に感謝し、 私たちにできることを日々積み重ねてまいります。

子育て支援
(女性支援)

にっぽん子育て応援団サポーター

千趣会は、にっぽん子育て応援団サポーターです。
サポーターとして、育児が楽しくなる、忙しい育児期でも楽しいお買い物ができる事業やサービスで子育てを応援します。

「にっぽん子育て応援団」とは

法人でも個人でもサポーターになれる!
にっぽん子育て応援団は、1日も早く日本を安心して子どもを生み育てることができる国、すべての子どもが健やかに育つ国にすることをめざして活動しています。

「にっぽん子育て応援団」とは

産院を通じた育児日記の配布

約600 軒の産院を通じて、 “親子の絆”をテーマにしたベルメゾンオリジナルの育児日記を、約18万冊配布しました。
育児日記は、生後まもない赤ちゃんの食事・排泄・睡眠を記録することで健康管理や生活リズム を把握するためのサポートツールとして、多くのママ・パパに利用されています。将来子ども へのプレゼントとしても使えるよう、ママ・パパの愛情・気持ちを綴ることができるスペース等も設けるなど、さまざまな工夫を凝らしています。

ジュニア・ティーン世代の体型に
合わせた
サイズ展開の
ファッションカタログを創刊

主にジュニアと呼ばれる小学生4年生から中学生までのティーンに向けたファッションを取り揃えたカタログ『Junior & Teens(ジュニア&ティーンズ)』を2016年8月30日に創刊しました。
成長期のこの時期の子どもは体型が特有で服選びのお悩みの多いことが、お客さまの声でわかってきました。そこで約20年以上も前に設定されたJIS規格によるサイズ基準から、現代のジュニア・ティーン世代の体型に合わせて女の子のサイズ設定を見直したほか、男の子向け商品は170cmまでサイズ展開を広げ、より体型にフィットする快適な着心地を追求しました。

『Junior & Teens』の商品はこちらから

「えがおの森保育園」の運営

女性の就業率は2016年の平均で66.0%となり、2010年に60%を超えて以降、毎年、過去最高を更新し続けています。それと同時に、子どもを安心して預けられる保育所へのニーズも高まり続けていますが、保育施設はまだまだ不足しており、特に都市部での「待機児童」問題は社会課題となっています。
こうした中にあって千趣会は、2013年に株式会社千趣会チャイルドケアを設立し、保育所運営事業を開始しました。2014年9月に「えがおの森保育園・いの」開園したのち、首都圏を中心に2017年4月までに7園を開設しています。
「えがおの森保育園」という名前には、園児だけでなく、母親・父親など保護者、保育士、地域の方々など、“子育てに関わるたくさんの人たちの笑顔が、森のように集まる園にしたい”、という想いが込められています。そして、「子どもたち一人ひとりの可能性を探求し、これからの“生きる力”を育みます。」を保育理念として掲げ、子どもの“生きる力”を育む保育を実践していきます。

「えがおの森保育園」の詳細はこちらから

株式会社千趣会チャイルドケアの企業理念

  • 1.子育て支援を通して
    子どもと子育てにかかわるすべての人を笑顔にする

  • 2.子育て支援を通して
    地域社会に貢献する

  • 3.子育て支援を通して
    未来を担う子どもたちの育成に貢献する

「えがおの森保育園」の運営

「えがおの森保育園」の運営

おすすめコンテンツ

pagetop