CSR(社会的責任)

お客様をはじめ、社会に感謝し、 私たちにできることを日々積み重ねてまいります。

女性の活躍支援
(女性支援)

2016年の活動ハイライト

社内ダイバーシティの推進

女性管理職による座談会を開催
ウーマン スマイル カンパニーのリーダーとして意見を交わしました

千趣会の課長級以上の女性管理職比率は13.2%となり、部長職では25%と4人に1人が女性になりました(2017年1月1日現在)。その数は年を追うごとに着実に増えています。
新たな社内組織体制のスタートにあたり、2017 年2月、6名の女性管理職者と社長の星野が、ウーマン スマイルカンパニーを率いるリーダーとして座談会を開催しました。
現在、千趣会は改革の真っ只中にあり、さまざまな場面においてスピーディーな意思決定が求められています。座談会では本部長制からの組織体制の変更によって部長が権限責任をもつことになり、部下へどのように方向性を指し示していくか、また人を育てることなどについて意見が交わされました。この座談会の様子は、社内の女性活躍推進委員会「ハナメゾン」のホームページでも公開され、“キャリアアップがイメージできない”、“管理職になることに躊躇する”といった不安を抱えている若手女性社員へのエールにもなっています。

座談会の様子座談会の様子

座談会の様子

統合報告2017女性管理職の座談会

社内の女性活躍支援

女性社員をはじめとした多様な人材が活躍できる職場づくり

千趣会では、ダイバーシティ推進方針、女性活躍推進方針に基づき、すべての領域において多様な人材が活躍できるよう職場環境の整備を進めています。
その一つが出産・育児支援制度の整備です。休暇の取得やスムーズな復職をサポートすることで、人材価値を高め、企業の競争力強化へとつなげることが狙いです。
2016年度は、休暇制度について対象者とその上司の理解を深めるため、面談の運用や制度の利用マニュアルの改訂も行いました。同年度、在職中に妊娠した女性社員の育児休業取得率は100%で、復帰率は100%となりました。また、20代向けにキャリアデザイン教育を実施し、結婚や出産、子育てなどのさまざまなライフイベントを想定しキャリア設計を考える機会も提供しました。これらの取り組みや性差のない管理職登用の推進などにより、女性社員の離職率※は約4.4%(社員全体では約5.9%)と低い水準にとどまっています。
今後は、系列で捉えた全体的な支援策の整備を進めていきます。
※本社勤務の正社員から算出。年度初めから1年間の離職者数÷起算日における在籍者数×100で計算(60歳定年退職者を除く)。
2016年3月に選択定年制度を開始。

女性社員の活躍を応援するための委員会「ハナメゾン」

ハナメゾン

2005年4月に発足した女性活躍推進委員会「Hana*maison(ハナメゾン)」は、女性社員が自己のスキルを存分に活かせるように、職場環境の整備とやる気の活性化に取り組んできました。当初は女性社員だけで構成されていましたが、職場環境の改善には、男性同僚・上司の参画も重要であることから、2014年度からは男性社員もメンバーに加わっています。
「ハナメゾン」という名前は設立時に社内公募で選ばれ、Happy, Active, Not Alone(シアワセ、イキイキ、みんなで)の頭文字HANAに、ベルメゾンのMAISONを重ねています。ロゴの花はすくすく伸びて花を咲かせるハナメゾン活動と女性たちをイメージしています。

委員会ミッション
ダイバーシティ推進の一貫である社内女性活躍推進と両立育児支援の実践を通じて、
企業ビジョンである「ウーマン スマイル カンパニー」に貢献します。
活動ポリシー
女性活躍推進のための
・場の提供
・情報の提供
・啓蒙・風土改革
・ネットワーキング
・意見集約と提言
活動内容
・イントラネットでの
 情報発信
・女性意識調査
・セミナー主催
・社内ライブラリ運営
・社内交流会の開催  
など

両立支援マニュアルの活用

妊娠から出産、育児との両立までについてわかりやすく説明した『両立支援マニュアル』を「ハナメゾン」と人事部が企画・作成し、イントラネットに掲載しています。
各種制度をわかりやすく紹介した「制度編」だけでなく、周囲とのコミュニケーション面などにも踏み込んだ「サポート編」、実際出産する女性だけでなく、「同僚編」や「パパになる人編」、また、マネジメントや本人以外の周囲の環境整備にも言及した「上司編」があり、さまざまの立場の社員に活用されています。

子育て支援として「地域密着パパママ交流会」を実施

そのほか、女性活躍推進委員会「ハナメゾン」主催で、初めての試みとして、子育て社員同士の交流を目的とした「地域密着パパママ交流会」を実施しました。初回は12月に神戸市東灘区の居住者を対象に、地域の生活情報、行政サービス、教育、子育てなどについて情報を交換・共有しました。今後、他の地域でも実施していく予定です。

さまざまな分野で活躍する
女性への支援

女性アスリートの活動を支援

2016年度は、女子サーフィン大会「white buffalo Women’s Pro QS3000」(2016年10月4日・千葉県にて開催)に協賛したほか、女性プロサーファー選手2名、女性プロゴルファー選手1名とスポンサー契約を締結しました。

クリエイターズギャラリーでの女性アーティスト支援

千趣会大阪本社ビル「クリエイターズギャラリー」では、新進女性クリエイターとのコラボレーションによるオリジナル作品を常設展示しています。

スズキトモコさん作「森のアパートメント」(2016年2月~)スズキトモコさん作「森のアパートメント」(2016年2月~)

おすすめコンテンツ

pagetop