TOP > 千趣会のCSR > 従業員とともに

 

  • お客様とともに
  • お取引先様とともに
  • 従業員とともに
従業員とともに

「お客さまが笑顔」になれる商品やサービスを提供できるお客さまの暮らしを笑顔でつつむためには、まず従業員が笑顔で働ける環境をつくる必要があります。
千趣会は、年齢、性別、障がいの有無などにかかわらず従業員ひとりひとりが能力を発揮して、いきいきと働き続けられる「もっと笑顔な企業」づくりに力を入れています。

「次世代育成支援企業」として認定マークを取得

大阪労働局より、男女ともに仕事と育児の両立支援を積極的に進めている企業として認定され、「次世代認定マーク(くるみん)」を取得しました。(2007年、2011年、2014年、2017年)。
この次世代認定マークは、「次世代育成支援対策推進法(※1) 」に基づき策定した「一般事業主行動計画(※2) 」を達成し、基準適合事業主として認定された企業にその使用が認められるものです。

※1 「次世代育成支援対策推進法」とは、次代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ社会環境を目指し、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、行動計画の策定と取組みを推進する法案。

※2 「一般事業主行動計画」とは、301人以上の労働者を雇用する事業主が、仕事と子育ての両立を図るために必要な雇用環境の整備等を進めるために定める行動計画。

次世代認定マーク(くるみん)

当社は育児と仕事の両立を行う従業員への支援だけでなく、全ての従業員がワーク・ライフ・バランスを保つことができるように有給休暇取得促進や所定外労働時間抑制などの施策を進めております。
参考に当社の仕事と育児・介護の両立支援制度は以下の通りになっております。

> 千趣会 仕事と育児・介護の両立支援制度一覧PDF(194KB)

今後とも、従業員のワーク・ライフ・バランスを推進していくことにより、「ウーマン スマイル カンパニー」として、 お客さまへの商品やサービスの向上に一層つとめてまいります。

女性社員の活躍を応援 ハナメゾン

ハナメゾンは2005年4月に社長をオーナーとする委員会として発足しました。
ハナメゾンという名前は設立時に社内公募で選ばれ、Happy, Active, Not Alone(シアワセ、イキイキ、みんなで)の頭文字HANAにベルメゾンのMAISONを重ねています。ロゴの花はすくすく伸びて花を咲かせるハナメゾン活動と女性たちをイメージしています。

シアワセ、イキイキ、みんなでHanamaison

委員会ミッション

ダイバーシティ推進の一貫である社内女性活躍推進と両立育児支援の実践を通じて、企業ビジョンである「ウーマン スマイル カンパニー」に貢献します。

活動ポリシー

女性活躍推進のための

  • ・場の提供
  • ・情報の提供
  • ・啓蒙・風土改革
  • ・ネットワーキング
  • ・意見集約と提言
活動内容
  • ・イントラネットでの情報発信
  • ・女性意識調査
  • ・セミナー主催
  • ・社内ライブラリ運営
  • ・社内交流会の開催  など

活動内容

両立支援マニュアルを人事部と企画・作成

妊娠から出産、育児との両立までについてわかりやすく説明した『両立支援マニュアル』をイントラネット上に人事部と企画・作成しております。
制度をわかりやすく紹介した「制度編」だけでなく、周囲とのコミュニケーション面などにも踏み込んだ「サポート編」、実際出産する女性だけでなく、「同僚編」、「パパになる人編」、マネジメントや本人以外の周囲の環境整備にも言及し、上司を対象とした「上司編」を作成しています。

両立支援マニュアル

多様な人材の雇用

60歳で定年退職した従業員のうち希望者を継続雇用する「再雇用制度」を2006年度に導入しており、2013年度は新たに55名の定年退職者を再雇用しました。(千趣会グループ)
また、障がい者雇用については、各部門と連携を図りながら採用を推進、配置も様々な部門に広がっています。2013年度の雇用者数は17名となり(法定雇用率2.06%)となっております。

ハラスメント対策

差別のない職場づくりの一環として、セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントの防止に向け、社内外の相談窓口の設置のほか、「セクシュアルハラスメント防止ハンドブック」の作成・イントラネットでの公開など、各種対策を実施しています。また、ハラスメントが発生した場合は、社内相談員が相談者と話し合い、その意向を尊重しながら適切に対応しています。

相談があった場合の対処フロー

長時間労働の抑制

1ヵ月あたり60時間を超える時間外労働が認められる場合、従業員には産業医との面談、その上司には改善策の提出を義務付けるなど、労働環境の改善に努めています。また、長時間労働が慢性化している部門・個人の所属長から定期的にヒアリングを実施し、労働時間の適正化を推進しています。