TOP > 千趣会のCSR > CSRに対するトップの想い

CSRに対するトップの想い

企業ビジョン「ウーマン スマイル カンパニー」を掲げています。

2011年、「ウーマン スマイル カンパニー」という企業ビジョンを策定しました。 これからも、ものごとの本質を見つめ、すべてのステークホルダーの皆さまから「いっしょにいると“なんだか、うれしい”」といっていただける会社をめざして精進していきます。

本業と社会貢献活動の両方を通して、女性に貢献していきます。

CSR活動においても、社内の女性活躍を一層推進するとともに、女性支援を目的とした社会貢献活動にも注力していきます。また出生率の向上や女性の活躍推進が極めて重要な社会課題となる中、「女性を支える事業を営むことは、日本の未来を支えることにほかならない」との認識に立ち、女性の多様なライフスタイルやライフステージに寄り添い、ともに歩む企業であり続けたいと思っています。
一方、さまざまな紙カタログを発行していることから、ネット(デジタルカタログ)の利用推進による紙使用量削減にも取り組んでいます。また、「あたりまえのことを、あたりまえに」できる企業であり続けるために、コンプライアンスも重視しています。
私たちは「ウーマン スマイル カンパニー」として、これからも女性の毎日に笑顔を届けていきます。

2016年1月
代表取締役社長 星野裕幸