TOP > 千趣会のCSR > 環境活動への想い > 千趣会の環境活動(カタログ削減)

千趣会の環境活動 | 環境対策への想い

ネット推進、海外植林参画で森林資源の保護

紙問題は、最重要課題

千趣会は、ご存知の通り現在も多くのカタログを発行しています。
だからこそ、紙問題を最重要課題として捉え、状況を改善に向けて、全社的に取り組みを続けています。

年間約6,798万冊※1のカタログ発行部数約4万トン※1の原料パルプ消費

  • ※1 2015年度千趣会グループ
紙を減らす工夫 ネット、デジタルカタログの推進

紙問題の対策としてひとつめは、ネットやデジタルカタログの利用の推進。
できるだけ紙面のカタログを使用せず、ネットを活用いただけるよう、ご案内を増やしたりすることで、発行数を減らすことができるようにしています。

紙を減らす工夫 ネット、デジタルカタログの推進
植林事業へ参加 紙資源、森林資源に配慮

1993年からはオーストラリアの海外植林事業へ参画。森林資源の保護と地球温暖化防止のために木を植えています。

植林事業へ参加 紙資源、森林資源に配慮