どんな時も、どんな事にも、果敢にチャレンジをしていきたい 法人事業部営業企画1チーム 稲田 晃久

仕事への姿勢

何事もポジティブに捉え、前向きな姿勢でチャレンジする。
それが仕事のやりがいにつながっています。

私の仕事は、法人事業部が提供する通販ソリューションのうちの「物販」の部門です。ひとことで言ってしまえば、お客様の販促施策のお手伝いということになります。ですが、お客様が違えばその販促施策はもちろん、スケジュールやコストといった条件も違います。それゆえ、求められることもやることも同じ内容のものはふたつとない、というのが特徴です。リスクヘッジの面では非常に難しい部分もありますが、その時々の条件や事情に応じてどのように解決、対処すれば良いかを考え、着実に実行に移していくという面では、とても張り合いのある仕事です。
もちろん、過去には思い出したくないような失敗も数々ありましたが、仕事に対しては「やるからには楽しんで!」という考えで臨んでいますし、何事にも臆せずチャレンジすることが私のセールスポイントだと思っています。いろいろなことをやってみたい、新しいことをやってみたい、という前向きな性格もこの仕事に向いているのかも知れません。
これまでの経歴

新たな分野の仕事も素直に受け入れ、
積極的に取り組んできた経験が今の仕事にも活きています。

私は千趣会に入社して、もう20年になりますが、実は最初から法人事業部に居たわけではありません。最初は頒布会のマンスリークラブの方で営業職を10年やりました。そして次は、ルボンディールという女性向けファッションブランドのストックコントロール・店舗運営を5年。当時、南青山にあったショップで「いらっしゃいませ」と接客を行った経験もあります。そこから今の法人事業部へと異動して5年です。
こういった経歴も、新しいことへのチャレンジや前向きな姿勢というのに影響しているのだと思います。やったことがないから…と避けるのではなく、素直に受け入れてあれもこれもと積極的に取り組んでみる。そうすることで、それまで知らなかった面白さが見えてきたり、新たなやりがいを感じるようになった経験があるので、また次のチャレンジをしてみよう、もっと積極的にやってみようという気になるのだと思います。
失敗から得たこと

転んでもただで起きぬ、七転び八起きの精神。
これからも、それを大事にしたいと思います。

チャレンジ精神や熱心な姿勢が取り柄の私ですが、だからと言って、得てきた結果が成功ばかりというわけではありません。リスクヘッジできるよう、前もって着々と段取りを進めてきたにも関わらず、想定していなかった事情や予期せぬ状況が生じ、ベストな対処ができなかったという経験は数々あります。そんな時はいくら前向きな私でも落ち込みますし、自責の念に駆られます。
ですが、そこから得たものはたくさんあります。まずはメンタルの面でタフになりました。ちょっとやそっと何かが起きても、まだ他にやれることがあると切り替えて、簡単には諦めません。また、経験則により機転が利くようにもなりましたし、事前の段取りもより慎重になりました。そしていちばん大きいのは、転んでも、何かを掴んで立ち上がろうという精神が定着したことです。おそらくこれからも転ぶことはあると思いますが、その精神を持って取り組んでいきたいと思っています。
OFF SCENEプライベートでは
休日はキャンプに出掛けたり、アウトドア料理を振る舞ったりする他、長年続けている空手やバンドの練習に励むなど、とにかく多趣味。いろいろと違ったことをする方が楽しい!というスタンスは仕事も趣味も同じ。趣味に没頭することがストレス発散にも!
千趣会のしごと人
イベント情報、メールマガジンのご案内
通販に関する全般のお悩みから相談まで、お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。
東京 03-5475-7514 / 大阪 06-6881-3164