セミナー

終了しました

千趣会&JIMOS共催セミナー
「通販ビジネス成功への近道」

「総合通販」と「単品通販」。大きくビジネスモデルは違いますが、共通する要素も実は多くあります。収益構造構築のコツをどのようにおさえ、どのように体系立てて考えれば、成功へと近づくのか・・・。
 その要諦は、総合通販では、顧客の購買行動を読み取り、次なる販促の効率化を図るところに、単品通販では、新規獲得・引上・継続の3つの効率を見極めるところにあります。それぞれの収益構造の違いを比較して聴くことで、各企業様のビジネスに合わせた着目ポイントが整理され、成長のための新たな発想を得ることも出来るでしょう。
 二つの事業モデルに対し、それぞれに長年精通してきたプロの視点で、収益化の秘訣をお話しする、この又とない機会を是非ご活用ください。
開催概要
日時
2017年8月1日(火)13:30~16:30 (※13:10より受付開始)
会場
株式会社千趣会 大阪本社
〒530-0035 大阪市北区同心1-8-9
内容
  • ■第1部
    株式会社JIMOS
    DMS(通販支援) 事業部事業部長/ホールセール事業部事業部長
    川部 篤史
    『単品リピート通販・最速で収益モデルを確立する方法』
    単品リピート通販の収益性は、詰まるところ
    (1)新規獲得効率 (2)リピート引上効率 (3)リピート継続効率
    の3つの効率に行きつきます。
    これら3つの効率を適切に見極め、打ち手を繰り出すためには、
    ・KPIを2つの側面から見ること
    ・そのKPIを、常に確認できる環境をつくること
    が欠かせません。それはなぜか?
    具体的な事例に基づく解説により、皆様の通販事業を成功へ導く秘訣をご紹介いたします。
  • ■第2部
    千趣会マーケティングサポート株式会社
    社長
    中山 悦二郎
    『こうすれば通販の収益構造を強化できる』
    総合通販の収益性は、顧客の購買行動を読み取り、次なる販促の効率化を図るところにあります。
    これを事業運営の中に取り込むためには、
    ①顧客・商品・販促・サービスの各戦略の理解
    ②売れるための必要十分条件のチェック
    ③顧客・商品・販促のKPIを組合わせた管理モデルの構築・運用
    を着実に行う必要があります。今回、これらの体系的な考え方・業務への運用ポイント・具体的な管理表等をご紹介し、収益構造強化のヒントをお伝えします。
    セミナー参加特典 千趣会:無料相談会 通販業務分析/フルフィルメント分析(物流・システム・コールセンター他)) JIMOS:無料「通販事業診断」(投資回収期間の算出および事業分析)
定員
30名
参加費
無料
対象
通販関連事業ご担当者様
関連サービス
コンサルティングサービス
通販に関する全般のお悩みから相談まで、お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。
東京 03-5475-7514 / 大阪 06-6881-3164